カラミざかりネタバレ無料2話

101045790_BookLiveコミック無料試し読みしてみる?

この記事内では、カラミざかり2話のネタバレを無料で紹介します♬

 

●カラミざかり1話の簡単な説明

101045790_BookLiveコミックカラミざかり1話に引き続き

2話を紹介していきたいと思います。

1話を簡単に振り返ると…

高校生のありきたりな日常と

好きな女の子、里帆似の

A○女優でオ●ニーする高成が

描かれていました。

さらに、大人しい美少女の

里帆も同じ動画をみてこっそり

オ○ニーしていたのです。

そんな、エッチに興味があるけど

表面には出さない高成と里帆。

2話ではどんな進展があるのでしょうか?

 

カラミざかり2話の詳しいネタバレ

●昨日ついに届いたオ☆ホ

101045790_BookLiveコミック「高成~聞いてくれよ!」

今日も、元気にエロ話を

始める貴史。

「昨日対に届いたんだよー」

何が届いたのかと首をかしげる

高成に、貴史は目をキラキラさせて

「オ・ナ・ホ♡」

・・・と自慢します。

「やべーぜアレ!超きもちいい!」

貴史はおとなの玩具である

オ○ホを使ってみた感想を

大きな声で話しているのでした。

びっくりしている高成に

「今度貸してやっから」

・・・とまで言い始める始末。

友達が使ったオ○ホは使いたく

ないですよね…

 

読みながら思わず苦笑して

しまった私です(#^^#)

案の定、高成は断っていましたが…

貴史のエロにまっすぐな感じが

おもしろいですよね~

「またエロ話してんのー?」

そこに、登場したのは智乃。

隣には里帆もいました。

雑談を始めようとした、その時

先生が貴史と智乃に用事を

楽しみました。

意図せずに、里帆とふたりきりに

なってしまった高成。

微妙な空気が流れます。

こういう時、高成を応援したく

なるのですよね~!

里帆もかなりおとなしめだし、

ぎこちなさ全開の2人です。

しかも、オ○ホの話をしていたにを

聞かれた直後ですからね…。

 

●高成は里帆との距離を縮めたい

101045790_BookLiveコミックこのふたりきりの時間を

活用して距離を縮めることが

出来たら良いのですが…

高校生のころって私も

男の子とどう話していいのか

わからなかったから、この

ぎこちなさが、妙に懐かしくも

感じました。

高成は、ふたりきりになったとたん

(やべ・・・)

・・・と、内心焦ります。

「貴史、毎回下ネタばかりで

まじうぜー。はは…」

・・・と弁解するように、ぼそっと

話をする高成。

会話が下手過ぎて笑えるレベルです!

オ○ホの話をなぜ蒸し返したの

でしょうか!

きっとテンパっているのでしょうね(笑)

「・・・。」

無言でうつむく里帆。

そりゃそうですよね~

下ネタの話を振られても

里帆がなにもこたえることなんて

できませんから!

この高成の空ぶり具合が、妙に

おもしろくて、切ないです!

応援したくなります。

「夏休みどこか行くの?」

里帆が、助け舟を出してくれました。

話題を変えてくれて良かったですね(#^^#)

ドキドキしながらも、

「予備校かな」と答える高成。

「私は智乃ちゃんと海に

行こうって言ってるけど…」

なんと、海に遊びに行く予定が

あると、言い始めた里帆。

そんな情報を得て、高成は

一緒に海に行きたいと思いました。

貴史も入れて4人で行こうと

誘おうか…と思いますが緊張で

なかなか言葉になりません。

誘おうと声を発した瞬間

智乃と貴史が戻ってきました。

貴史が高成に

「おいなにラブラブしてるんだよー」

・・・と声をかけましたが

貴史も里帆とふたりきりに

なりたかったのかな?と

私は感じました。

里帆似のAV女優を知っていたのも

貴史ですし、気がありそうですね。

これは、友達同士で同じ女の子を

狙っているパターンでしょうか?

 

●女子高生の水着姿は…♡

101045790_BookLiveコミックプール授業って、女子のスクール水着姿を

見る楽しみがありますよね♪

水泳キャップもかぶるので、

本当に可愛い女の子や

スタイルの良い子が浮き彫りに

なります!

そこで始まるのが、男子目線での

女子の品定め・・・

もう定番ですよね♪

「なぁ高成。見てみろよ

野村の胸…すげー」

貴史の目線の先には、大学生の

彼氏とラブホでS○Xしまくっていると

話していた野村さんの姿が…。

たしかに、巨乳なのにスレンダーで

美人という破壊力のある存在♡

「いいなー大学生の彼氏

揉みまくりだろうな~」

羨ましいと思いつつ、智乃の方へ

視線を向けました。

「Dってとこか。」

貴史は智乃のおっぱいをDカップだと

予想しました。

さらに里帆を見て

「やっぱあのA○女優に似てるべ。」

・・・と貴史は続けます。

高成は照れてしまい

「知らねーよ」と誤魔化しますが

その後も貴史の女子への品定めは

続くのでした(#^^#)

(あ・・・やべ。勃ってきた)

高成は、むっつりすけべのようで

里帆のおっぱいと、おま○この

部分をじーっと水着の上から

観察し…勃起してしまいます。

里帆似のA●女優でヌイたのを

思い出したのでしょうか♪

●オ☆ホを見たいと言い出した智乃

高成との帰り道で野球部に

いつ復帰するか話している貴史。

ケガをして、休んでいるようですが

筋トレは自宅でしているとのこと。

もう復帰できそうですが、夏休みは

暑いから…とすこしズルい考えで

復帰を伸ばしているようです。

貴史が坊主頭なのは、野球部員

だからだったのですね~。

高成はなにも部活に入っていない

のでしょうか?

たしかに、高校生にもなると帰宅部も

多かったように思います。

すると、智乃が貴史を呼び止めました。

「さっき言ってたやつ見せてよー」

にこやかに、おねだりしてきた智乃。

貴史は何の話か分かりません。

「あ?なにを?」

智乃は、笑顔のまま「オ☆ホ♡」と

答えます。

智乃がオ○ホを見たがっていることに

貴史でさえびっくり!

女の子にこんなことを言われたら

びっくりしちゃいますよね(#^^#)

「はぁ?みせるわけねーだろ。」

断る貴史に

「いーじゃん見たい見たい」

軽やかに甘える智乃。

智乃のこのストレートなところは

可愛いですよね。

それでも、しぶる貴史に智乃は

最終手段に出ました。

「みんなに言うよ。あんたの

憧れの竹内先輩にも、言っちゃうよ。」

なんと、野球部のマネージャ―にも

バラすと言われて、貴史は弱って

しまいました。

しかたなく、智乃のいう通り

オ○ホを見せることに決定!

4人で貴史の家に行くのでした。

貴史にも弱点があったとは驚き

でしたね~(#^^#)

マネージャーには、エロいと

思われたくないのですね。

貴史の意外な一面を見て

可愛いと思ってしまいましたよー。

まぁ、人って多面的な生き物なので

色々な顔があって当然ですけどね。

なんとなく、貴史はみんなに

オープンなのかと思ったら、

かっこつけたい気持ちもあると

いうことですね~♪

 

●貴史の部屋でオ☆ホ鑑賞

101045790_BookLiveコミックぶつぶつと文句を言いながらも

智乃たちを部屋に案内する貴史。

「あんま部屋のものさわるなよ」

そう、釘をさしますが

智乃は最初から探索モード全開。

人の部屋って面白いですからね♪

「エロ本とか隠してあるんでしょ」

・・・と部屋を見渡しています。

今どきはエロ本ではなく、スマホで

エロい漫画もA○も見ることが

出来るのですが

「うるせーなー」と言ったことから

どうやら、エロ本を隠し持っているのは

図星のよう…。

でも、思ったより部屋が片付いていて

意外でした。

「うわっ重いっ」

ダンベルを持ち上げようとして

その重量に驚く智乃。

こんな重いものを使って筋トレに

励んでいたのですね~!

貴史すごいです。

キョロキョロする智乃でしたが

オ○ホは見つけられず、貴史に

「ね、どこあんの?オ☆ホ♡」

・・・と単刀直入に質問しました。

「ちっ!しょーがねーな」

貴史は机の引き出しから何やら

ピンクのなまこのようなものを

取り出しました。

それは、柔らかく智乃は

感触に驚いています。

「わっ。やわらか。見て里帆。」

純粋に驚く智乃。

両手でオ○ホを持っています。

本当に、オ☆ホの感触って

どんな感じなのでしょう。

私も見てみたいです。

やわらかいものなのですね。

・・・と、私まで興味津々になりました!

にやっと少し悪そうな顔で笑うと

智乃は「使って見せてよ」と

貴史に言いました。

「はあ?お前頭おかしいんじゃね?」

「いーじゃん」

「いいわけねーだろ!」

2人のやり取りを、顔を赤らめて

見守る高成と里帆。

 

「見たんだからもう帰れって!」

貴史はさすがに、拒否しますが

「どんな感じかみてみたいー」

・・・と智乃もあきらめません。

まるで、駄々っ子ですね~(#^^#)

この時、里帆はどう思って見て

いるのでしょうか?

オ○ニーしたり、この部屋にも

付いてきたのだから興味はあるの

でしょうね。

智乃とのギャップがすごいな~って

思ってしまいました。

 

智乃がオカズになると言い出して…?

101045790_BookLiveコミック勃起しないと使えないから

ムリだと貴史は言いますが

「じゃ元気にすりゃーいいじゃん」

智乃はさらに、貴史を追い詰めます。

「あほ。こんな状況じゃ無理だって」

ぐいぐい、迫ってくる智乃に貴史さえ

タジタジになっていますが…

オ○ホを片付けようとして

脳裏浮かんだのは水着姿の

智乃のおっぱいが、でかかったこと。

ちょっと下心が芽生えます。

「まぁ、おまえがオカズになって

これでしごいてくれるなら…」

半分冗談のような気持ちで言った

貴史でしたが、智乃は快諾。

「いいよ。オカズってパンツとか

見せればいいの…?」

顔を赤らめて、そう言う智乃の

本気度が伝わってきます。

智乃のこの恥ずかしそうな表情

可愛いですね♡

 

この流れをさすがにヤバイと感じた

高成は、「おい・・・ちょっと」と

声をかけますが、智乃は大胆にも

スカートをめくり上げました。

「ほら…そっちも早くしてよ」

貴史の目の前に智乃の水色パンツ。

「おう…」とズボンのベルトを

外し始めた貴史でしたが

「俺もち☆ぽ出すんだから

お前もだせよ」

・・・とおま○こも見せろと要求。

自分がち☆ぽ出す前に智乃に

要求するのが、なんだか

ズルいなーって思ってしまいました。

勃起してないち☆ぽを見られたく

なかったのでしょうか?

それとも、単にエロいだけか…

女子に先に見せてもらって

自分が後出しって男らしくないなーって

私は、思っちゃいます。

でも、貴史が智乃におしきられて

いる感じだから仕方ないのでしょう。

後ろには、里帆も高成もいるし

貴史の躊躇する気持ちもすごく

わかりますし…

 

智乃はおま☆こも露出♡

101045790_BookLiveコミックさすがに、おま○こを見せろと言われたら

躊躇するかと思ったのですが

智乃はすごいですね・・・

「仕方ねーな。あんま見るなよ

恥ずかしいじゃん。」

・・・と言いながらも、パンツを

ずらして、おま○こを見せて

くれたのです!

貴史は初めて見る女の子の

生の下半身に興奮でしょうね♡

ここまで来たら、もう貴史も

引き返すことができませんね!

すごい展開になってきましたが

3話は、貴史の勃起ち●ぽを

オ☆ホに挿入する流れになるのかな?

なんだかドキドキしますね♪

 

●カラミざかり2話の感想

101045790_BookLiveコミック2話を読み終え、いかがでしょうか?

私は智乃の積極的な行動に

心底驚いてしまいました。

なかなか女の子から、ち○ぽも

見てみたいとは言いにくいですよね。

でも、智乃は使っているところが

見たいと言いました。

つまりそれは、勃起ち☆ぽを

見たいと言うのと同じこと。

女の子も、興味ありますからね~

一緒にお風呂に入って父親の

アソコを見たことはあっても

勃起していませんから…

いったいどんな形になるんだろうとか

どれくらい大きくなるのか

自分の目で見てみたいですよね。

しかも、クラスメイトなので

等身大の身近な男の子です!

男女の体の違いについて

小学校高学年くらいからお互いに

興味を持つと思います。

特に高校になるとS○X経験者も

増えてくるので、自分も前に

すすんでみたいという気持ちに

なるのですよね。

それにしても、おま☆こを

クラスメイトに見せてしまう智乃の

行動力は凄いです。

後ろには、高成や里帆もいるのに

ぺろっと見せちゃいましたからね。

角度的に、おま○こが見えるのは

貴史だけですが、それでも恥ずかしいと

思うのです。

これだけ、オープンで積極的な

智乃の将来が気になります。

ぜったいビッチになるんだろうな。

肉食女子ですね♡

そして、草食男子の高成は

止めようと少し、声をかけたり

しますが、ちゃんとした言葉には

ならず、内気な様子がよく

表現されていました。

里帆と一緒に、成り行きを見守る

はめになった高成。

この立ち位置もちょっと気まずい

ですね~。

さて、次回はさらに緊張と

期待が高まる内容になるのは

間違いないですね♪

3話の紹介をお楽しみに♡

無料試し読みしてみる?